東宝(読み)とうほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「東宝」の解説

東宝
とうほう

映画,演劇の制作,配給,興行会社。1932年に阪神急行電鉄(→阪急電鉄)の小林一三が株式会社東京宝塚劇場を設立。1934年東京宝塚劇場,日比谷映画劇場,1935年有楽座をそれぞれ開場,以降全国に劇場を建設した。1936年日本映画劇場を吸収合併し,映画配給を設立。1937年東横映画劇場を吸収合併し東宝映画を設立。1943年東宝映画を合併して現社名に変更し,映画の制作,配給,興行および演劇興行の総合的一貫経営を行なった。1945年梅田映画劇場,南街映画劇場を合併。1954年映画『七人の侍』(黒沢明監督),「ゴジラ」シリーズ第一作を公開。以後「若大将」シリーズ,「ドラえもん」シリーズなどを世に送った。演劇では,松竹に対抗して 1957年劇団東宝現代劇,1961年 8世松本幸四郎らを迎えて東宝劇団を発足させた。劇場は 1957年に芸術座を開場,『放浪記』(1961初演),『細雪』(1966初演)などを上演し人気を博したほか,帝国劇場でも『屋根の上のヴァイオリン弾き』(1967初演。→屋根の上のバイオリン弾き),『ラ・マンチャの男』(1969初演)などでロングランを記録した。1970年代以降は映画制作を大幅に縮小し,テレビドラマの企画・制作に転じた。また映画館跡地を活用した不動産経営に着手し,ビルの賃料などで経営を下支えするようになった。2006年映画興行部門を分離し,TOHOシネマズに事業承継。2011年国際放映,2013年東宝不動産東宝東和を完全子会社化。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015「東宝」の解説

東宝

正式社名「東宝株式会社」。英文社名「TOHO CO., LTD.」。サービス業。昭和7年(1932)「株式会社東京宝塚劇場」設立。同18年(1943)「東宝映画株式会社」と合併し現在の社名に変更。本社は東京都千代田区有楽町。阪急系。映画・演劇の制作・興行会社。主な映画作品は黒澤明作品・ゴジラシリーズ・若大将シリーズ・無責任シリーズなど。映画館跡の一等地を活用した不動産賃貸も収益源。東京証券取引所第1部・福岡証券取引所上場。証券コード9602。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

とっさの日本語便利帳「東宝」の解説

東宝

旧社名「東京宝塚劇場」と、“東のの宝”になるようにとの願いから

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android