コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東宝 とうほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東宝
とうほう

東宝株式会社の略。映画・演劇の興業会社。東京宝塚劇場を前身とし,1932年小林一三が演劇・映画の興行を目的に東京宝塚劇場として設立。 34年の宝塚劇場,日比谷映画劇場の開場以後,全国に劇場を建設。 43年に東宝映画を合併して現社名となり,映画の制作・配給から演劇の興行をまでを手がける。巨大な資本をバックとして各社から有名監督や人気スターを続々引抜いて映画の制作を開始,モダンな喜劇映画,音楽もの,恋愛ドラマなどを作って固定層をつかんだ。第2次世界大戦後,大規模な争議により一時不振となったが,『四つの恋の物語』 (47) ,『酔いどれ天使』 (48) などの傑作を発表して乗切った。 50年以後,文芸大作,サラリーマン喜劇などが人気を集めた。また 54年からの『ゴジラ』などの特殊技術撮影を中心とした作品で幼年ファンの人気を集めた。演劇方面でも松竹に対抗,57年劇団東宝現代劇,61年8世松本幸四郎らを迎えて東宝劇団を発足させた。さらに 62年東宝歌舞伎などを設立,東京宝塚,帝劇などの大劇場を擁して興行界の雄となっている。 71年映画事業の不振から制作部門を切り離し,撮影所を貸スタジオ化して映画制作をすべて傍系会社に託した。事業内容は,映画制作配給 25%,映画興行 24%,演劇興行 12%,事業 20%,テレビ制作1%,賃貸ほか 18%。年間営業収入 1823億 1300万円 (連結) ,資本金 103億 5400万円,従業員数 494名 (1999) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

とっさの日本語便利帳の解説

東宝

旧社名「東京宝塚劇場」と、“東のの宝”になるようにとの願いから

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

東宝

正式社名「東宝株式会社」。英文社名「TOHO CO., LTD.」。サービス業。昭和7年(1932)「株式会社東京宝塚劇場」設立。同18年(1943)「東宝映画株式会社」と合併し現在の社名に変更。本社は東京都千代田区有楽町。阪急系。映画・演劇の制作・興行会社。主な映画作品は黒澤明作品・ゴジラシリーズ・若大将シリーズ・無責任シリーズなど。映画館跡の一等地を活用した不動産賃貸も収益源。東京証券取引所第1部・福岡証券取引所上場。証券コード9602。

出典|講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

東宝の関連キーワードゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃三大怪獣 地球最大の決戦バラゴン(婆羅護吽)白亜紀型キングギドラ阪急ホールディングスふしぎの海のナディア原始モスラ(幼虫)ときめきトゥナイト東京小牧バレエ団空の大怪獣ラドンキングシーサーチタノザウルスメカニ・コングスペースゴジラモスラ対ゴジラモンスターX緯度0大作戦ミステリアン名犬ジョリィ西村 晋一

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東宝の関連情報