コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

区間運賃制度 くかんうんちんせいど

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

区間運賃制度
くかんうんちんせいど

距離にかかわらず任意に輸送区間を設け,各区間ごとに均一運賃を設定して,複数の区間にまたがる輸送については各区間運賃の合算を適用する運賃システム。任意に区間を設定できるため,利用者差別につながる危険性がある。なお,距離に比例して区間を設定するシステム (1~5kmは1区間,5~10kmは2区間など) は対キロ区間制と呼ばれ,区間制よりも区間距離の区分が細かい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

区間運賃制度の関連キーワード均一運賃制

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android