コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細かい コマカイ

2件 の用語解説(細かいの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こまか・い【細かい】

[形][文]こまか・し[ク]
いくつか集まって一まとまりになっているものの、一つ一つの形が非常に小さい。「―・い砂」「―・い雨が降る」「―・い字で書く」「―・い編み目のセーター」「野菜を―・く刻む」⇔粗い
金高が小さい。「―・い金を持ち合わせていない」「一万円札を―・くする」
動きが小さい。「肩を―・く震わせる」
物事が細部にわたっている。詳しい。「―・い話は抜きにしよう」「情景を―・く描写する」
小さいところまで行き届いている。「芸が―・い」「―・く気を遣う」
取るにたりない。些細(ささい)である。「―・い過ちをいちいち指摘する」「―・い事までとやかく言う」
勘定高い。金銭に対してうるさい。けちだ。「金に―・い奴」「取引に関しては―・い」
囲碁で、勝敗の形勢が微妙である。「―・い碁」
[派生]こまかさ[名]

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こまかい【細かい】

( 形 ) [文] ク こまか・し
多数あるものの一つ一つの形が非常に小さい。立体的なものにも平面的なものにも用いる。 「 - ・い砂」 「 - ・い雨」 「ねぎを-・く刻む」 「 - ・い柄」 「目の-・い網」
(貨幣が)小額である。 「 - ・い金の持ち合わせがない」
反復の動作が小さくせわしなく行われる。 「肩が-・く震える」
物事の扱い方やとらえ方が、細部にまで及んでいてくわしい。詳細だ。精密だ。 「計画を-・く練る」 「 - ・い事情」
ささいだ。小事だ。 「 - ・い事まで口を出す」
小さい事にまでよく気がつく。配慮が行き届いている。 「 - ・い心遣い」 「神経が-・い」 「芸が-・い」
金銭的に少しの損得も気にする。勘定高い。 「金に-・い」
囲碁で、互いに獲得した地の目数や、石の勢力関係が近接している。一、二目を争う状況である。 〔古くは「こまか(なり)」と形容動詞で、形容詞形「こまかい」が現れたのは近世のことらしい。現在では形容詞と形容動詞がほぼ同様に用いられる〕
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

細かいの関連キーワード甘辛い白粉臭い気軽い細かしい酸い罪深い木目細かいつがもな・いひつこ・い勿体臭い

細かいの関連情報