十万大山(読み)じゅうばんだいざん

日本大百科全書(ニッポニカ)「十万大山」の解説

十万大山
じゅうばんだいざん / シーワンターシャン

中国、広西(こうせい/カンシー)チワン族自治区の南西部を北東から南西に走る山脈。長さ約170キロメートル、幅約15~30キロメートル、標高約1000メートル。珠江(しゅこう/チューチヤン)水系の郁江(いくこう)と欽州(きんしゅう/チンチョウ)湾に注ぐ欽江(きんこう)との分水嶺(ぶんすいれい)をなしている。自治区内の三大林業地の一つであり、熱帯、亜熱帯性の樹木が繁茂し、国営の林場が開かれている。かつてはチワン族、ヤオ族などの少数民族の焼畑地帯であったが、現在では段畑が造成され、発電所、用水路が整えられた。南麓(なんろく)ではチャ、漢方薬草の栽培が盛ん。

[青木千枝子・河野通博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android