十二族長の遺言(読み)じゅうにぞくちょうのゆいごん(英語表記)Testaments of the Twelve Patriarchs

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十二族長の遺言
じゅうにぞくちょうのゆいごん
Testaments of the Twelve Patriarchs

旧約聖書偽典の一つ。成立年代は不明。ギリシア語写本があるが,クムランから本書の一部のアラム語断片,ヘブライ語断片も発見されている。族長ヤコブが死の床にあって 12人の息子を呼び,遺言を語った形式をとるが,内容は一般的な倫理をテーマとしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android