十八檀林・十八談林(読み)じゅうはちだんりん

  • じゅうはちだんりん ジフハチ‥

精選版 日本国語大辞典の解説

仏語。関東にある浄土宗の一八か所の学問所で、後に僧侶の養成機関となったもの。増上寺・伝通院・幡随院・霊巖寺・霊山寺(以上江戸)、浄国寺(武蔵岩槻)、大善寺(武蔵八王子)、勝願寺(武蔵鴻巣)、蓮馨寺(武蔵川越)、光明寺(鎌倉)、常福寺(常陸瓜連)、大念寺(常陸江戸崎)、弘経寺(下総飯沼)、弘経寺(下総結城)、東漸寺(下総小金)、大巖寺(下総生実)、大光院(上野太田)、善導寺(上野館林)の称。関東十八檀林。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android