コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十寸見河丈(2代) ますみ かじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

十寸見河丈(2代) ますみ-かじょう

?-? 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
河東(かとう)節。初代河丈(2代十寸見河東)の弟子。寛保(かんぽう)2年(1742)から宝暦4年(1754)ごろにかけて活躍。4代河東のときみずからも河東を名のり,山の手河東とよばれた。名は金次(治)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

十寸見河丈(2代)

生年:生没年不詳
江戸中期,河東節の太夫。寛保2(1742)年から宝暦4(1754)年ごろに活躍。初代河丈(のち2代目十寸見河東)の弟子で名は金次(治)。4代目河東のころに自らも河東を名乗った。俗に「山の手河東」という。『江戸節根元記』(1812)によると,3代目河東の没後,家元の座をめぐって3代目の甥伝之助と争ったという。内々の話し合いがつかず,双方とも河東を名乗ることになったが,実際には三味線の名手初代山彦源四郎ほか有力な連中が伝之助の方についたため,伝之助が4代目河東として認知されることとなった。

(吉野雪子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

十寸見河丈(2代)の関連キーワード江戸太夫藤十郎(2代)十寸見藤十郎(2代)十寸見河東(2世)十寸見河東(9世)十寸見可慶水調子浄瑠璃

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android