コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十寸見河東 マスミカトウ

世界大百科事典 第2版の解説

ますみかとう【十寸見河東】

河東節の家元名で,江戸太夫河東ともいう。11世まであり初世がもっとも有名。11世以後は理事制をとる〈十寸見会〉が名義を保存している。初世(1684‐1725)は河東節の祖。本名を伊藤藤十郎と伝える。江戸日本橋魚商の子で初世江戸半太夫の門に入り,半太夫節に手品節,式部節などを加えて1717年(享保2)春,江戸市村座で《松の内》を語って一派を樹立した。高弟に河丈(2世河東,?‐1734),河洲(3世河東,?‐1745)があり,初世山彦源四郎と河東節を完成させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ますみかとう【十寸見河東】

河東節の家元名。始祖(1684~1725)は江戸日本橋生まれで、本名、伊藤藤十郎。半太夫節から出て、式部節・手品節の語り口を取り入れて一派を立てた。名義継承は一一世(1841~1919)までで、以後は「十寸見会」が家元名義を預かっている。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十寸見河東
ますみかとう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

十寸見河東の関連キーワード十寸見 河東(10代目)十寸見藤十郎(初代)十寸見河東(11世)十寸見藤十郎(2代)十寸見河東(7世)十寸見蘭洲(6代)十寸見河丈(2代)十寸見東佐(2代)十寸見河東(4世)十寸見河東(4代)十寸見蘭洲(2代)山彦源四郎(1世)江戸半太夫(初代)江戸半太夫(1世)山彦源四郎(3代)山彦源四郎(2代)山彦源四郎(4世)山彦源四郎(初代)十寸見蘭洲(4代)十寸見蘭洲(初代)

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android