コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十寸見河東 マスミカトウ

世界大百科事典 第2版の解説

ますみかとう【十寸見河東】

河東節の家元名で,江戸太夫河東ともいう。11世まであり初世がもっとも有名。11世以後は理事制をとる〈十寸見会〉が名義を保存している。初世(1684‐1725)は河東節の祖。本名を伊藤藤十郎と伝える。江戸日本橋魚商の子で初世江戸半太夫の門に入り,半太夫節に手品節,式部節などを加えて1717年(享保2)春,江戸市村座で《松の内》を語って一派を樹立した。高弟に河丈(2世河東,?‐1734),河洲(3世河東,?‐1745)があり,初世山彦源四郎と河東節を完成させた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ますみかとう【十寸見河東】

河東節の家元名。始祖(1684~1725)は江戸日本橋生まれで、本名、伊藤藤十郎。半太夫節から出て、式部節・手品節の語り口を取り入れて一派を立てた。名義継承は一一世(1841~1919)までで、以後は「十寸見会」が家元名義を預かっている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十寸見河東
ますみかとう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

十寸見河東の関連キーワード十寸見 河東(10代目)十寸見藤十郎(初代)十寸見河東(11世)十寸見藤十郎(2代)十寸見河東(7世)十寸見蘭洲(6代)十寸見河丈(2代)十寸見東佐(2代)十寸見河東(4世)十寸見河東(4代)十寸見蘭洲(2代)山彦源四郎(4世)江戸半太夫(初代)江戸半太夫(1世)山彦源四郎(初代)山彦源四郎(3代)山彦源四郎(1世)山彦源四郎(2代)十寸見蘭洲(4代)十寸見蘭洲(初代)

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android