十寸見可慶(読み)ますみ かけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

十寸見可慶 ますみ-かけい

1807-1871 江戸後期-明治時代の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
文化4年生まれ。4代山彦河良の門人。3代山彦秀次郎,2代山彦紫存,2代十寸見東觚(とうこ),5代十寸見河丈などをへて,安政元年可慶と号した。河東節(かとうぶし)中興名人といわれた。明治4年3月20日死去。65歳。没後,9代河東を号された。越後(えちご)(新潟県)出身。本姓伊藤通称金次郎。代表作に「の上」「花くらべ」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android