コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三八 サンパチ

デジタル大辞泉の解説

さん‐ぱち【三八】


数の3と8。また、日や月の3と8。
三八式歩兵銃」の略。
青森県南東部、岩手県との県境に位置する地域の通称。八戸(はちのへ)市と5町1村からなる。名は、三戸(さんのへ)郡の「三」と八戸市の「八」から。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三八 さんぱち

1752-? 江戸時代中期の漂流民の子。
宝暦2年ロシアのヤクーツク生まれ。父三之助は,延享元年遭難して千島列島に漂着した陸奥(むつ)佐井村(青森県)の多賀丸乗組員。イルクーツクの日本語学校でまなび,天明2年「レキシコン」とよばれる露日辞典を編集して科学アカデミーに提出した。ロシア名はアンドレイ=イワノビッチ=タタリノフ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

三八の関連キーワード札幌タイムズスクエア倒るる所に土を掴む西暦二〇三八年問題坂東橘十郎(2代)嵐三幸(初代)熊五郎ラーメンデモステネス影佐 禎昭バター煎餅副へ使ひ赤ら小舟果ての年居掛かる大隈重信御所方簓三八えらく難波門上つ瀬手過ち

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三八の関連情報