コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十朱幸代 とあけ ゆきよ

2件 の用語解説(十朱幸代の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

十朱幸代 とあけ-ゆきよ

1942- 昭和後期-平成時代の女優。
昭和17年11月23日生まれ。昭和33年からのNHKテレビドラマ「バス通り裏」で人気をあつめ,34年「惜春鳥」で映画デビュー。「関の弥太ッペ」「花いちもんめ」などの映画やおおくのテレビドラマに出演。50年舞台「おせん」で主役をつとめ,以後,芸術座を代表する女優のひとりとして活躍。東京出身。文化学院卒。本名は小倉幸子。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

タレントデータバンクの解説

十朱 幸代


芸名
十朱 幸代

性別
女性

生年月日
1942/11/23

星座
いて座

干支
午年

出身地
東京都

身長
163cm

体重
50kg

デビュー年
1958

靴のサイズ
23cm

職種
タレント・俳優・女優

プロフィール
中学生の頃からテレビに出演。1958年、NHK『バス通り裏』に出演し一躍知名度が上昇、人気を博す。翌年、映画『惜春鳥』でスクリーンデビュー。以後、テレビドラマ、映画などで活躍。1970年、芸術座正月公演『おせん』の主役に抜擢され、以降芸術座を代表する演技派女優として活動。また、ニッポン放送ラジオ番組『いってらっしゃい』の初代パーソナリティを務めるなどマルチな才能を発揮。1980年、映画『震える舌』でブルーリボン主演女優賞受賞。1995年、『日本一短い「母」への手紙』で日本アカデミー賞主演女優賞受賞。2003年、紫綬褒章受賞。

デビュー作
NHK『バス通り裏』

代表作品
新歌舞伎座あかね空』(2005) / テレビ『松本清張生誕100年特別企画「駅路」』(2009) / CM『ヴァーナル』

出典|株式会社タレントデータバンク
Copyright(C) 2010 Talent-Databank Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

十朱幸代の関連キーワード雪夜夜汽車極道の妻たちII花いちもんめ震える舌螢川大井行吉平潔行二階堂行頼(1)峰幸代

十朱幸代の関連情報