コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芸術座 げいじゅつざ

7件 の用語解説(芸術座の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

芸術座
げいじゅつざ

島村抱月が 1913年に松井須磨子を中心俳優として結成した劇団。旗揚げ公演は,有楽座でモーリス・ポリドール・マリーベルナールメーテルランクの『内部』『モンナ・バンナ』。文芸部に楠山正雄中村吉蔵秋田雨雀水谷竹紫ら,俳優に沢田正二郎,倉橋仙太郎らがいた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

芸術座
げいじゅつざ

1957年4月,菊田一夫の発意で東京有楽町の東宝本社の4階に 720席の中劇場として開場。劇場名は芸術座の名儀を預っていた水谷八重子から菊田が譲り受けたもの。東宝現代劇公演の拠点として1本立の興行を堅持,記録的ロングランになった『がめつい奴』 (菊田一夫作,1959) など,数々の名舞台を送り出す一方,森光子,浜木綿子佐久間良子十朱幸代ら,多くの舞台女優を生み育てている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

げいじゅつ‐ざ【芸術座】

大正2年(1913)島村抱月松井須磨子を中心に東京で結成した新劇の劇団。抱月・須磨子の急死により、同8年解散。同13年水谷竹紫が水谷八重子らと再興したが、昭和10年(1935)竹紫の死により自然解消。
昭和32年(1957)東京日比谷に開場した東宝経営の劇場。東宝現代劇の公演で知られたが平成17年(2005)閉場。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

芸術座【げいじゅつざ】

新劇の劇団名。文芸協会を退会した島村抱月が,松井須磨子を中心俳優とし,中村吉蔵秋田雨雀楠山正雄らを加え,1913年結成した劇団。通俗劇《復活》を上演,一世を風靡(ふうび)した。
→関連項目沢田正二郎新国劇

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

芸術座

東京都千代田区にあった劇場。1957年開館。座席数は約750席。2005年に閉館、跡地に「シアタークリエ」が開館した。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

げいじゅつざ【芸術座】

劇団名。(1)第1次は,1913年(大正2)文芸協会を恋愛事件で除名された島村抱月松井須磨子が創立したもので,モスクワ芸術座の名称を借りたといわれる。須磨子の演目に中山晋平作曲の主題歌を挿入したのが人気を呼び,とくに《復活》(トルストイ原作)の〈カチューシャの歌〉が名高い。のちに松竹と契約しているが,長く経済的には苦労した。そのため抱月は芸術俱楽部という東京牛込の小劇場で文学的戯曲を手がける一方,大衆と親しむために浅草に進出,全国巡演も試みた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

芸術座
げいじゅつざ

(1)劇団名。文芸協会を脱退した島村抱月(ほうげつ)と女優の松井須磨子(すまこ)を中心に1913年(大正2)に結成され、メーテルリンクの作品で旗揚げした。当初は経営的に行き詰まったが、14年に帝国劇場で上演したトルストイ原作『復活』が、劇中歌「カチューシャの唄(うた)」とともに大ヒットした。以後かねて抱月が考えていた大衆受けのする大劇場公演と純芸術的な小劇場公演を併行させようという「二元の道」を経営方針とした。15年には神楽坂(かぐらざか)に小劇場「芸術倶楽部(クラブ)」を完成、そこでの研究劇公演は好評をもって迎えられ、さらに経済的基盤の安定を図って18年には松竹と提携、抱月念願の道を歩み始めた矢先の同年末、抱月はかぜで急死、翌年1月には須磨子も後追い心中をして劇団は解散した。芸術座は新劇としていち早く浅草公演をもったように、当時の民衆芸術論の影響を強く受け、ために一部から新劇堕落と批判されたが、新劇の普及という面で果たした役割は大きい。
 なお、1924年には、芸術座出身の水谷竹紫(ちくし)が義妹水谷八重子と第二次芸術座をおこし、これは八重子が新派入りしたのちも45年(昭和20)の敗戦直前まで、ときに単独公演をもった。[大笹吉雄]
(2)劇場名。水谷八重子が預かっていた芸術座の名を譲り受け、1957年(昭和32)東京・日比谷(ひびや)の東宝会館4、5階に創設された。小林一三(いちぞう)に招かれて東宝の演劇担当重役となった菊田一夫(かずお)の希望でつくられた、新しい大衆劇上演のための劇場。菊田はここで女優中心の女性向き現代劇の上演を図り、自ら劇作、演出、製作し、『がめつい奴』『暖簾(のれん)』『放浪記』などのヒット作を生み、また付属の俳優養成組織東宝現代劇を設立した。菊田没後もその路線が踏襲されている。客席数754。[水落 潔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の芸術座の言及

【秋田雨雀】より

…小説家として出発し,小山内薫の《新思潮》記者となり,《紀念会前夜》(1909),《第一の暁》などで劇作家として認められた。13年島村抱月の芸術座創立に参画,翌年沢田正二郎らと脱退して美術劇場を組織したが経営に失敗。失意の時期エスペラント,インド哲学に打ち込み,童話創作を試みつつ社会主義に傾く。…

【新劇】より

…たとえば,逍遥邸の演劇研究所設立以降の後期文芸協会にしても,上演9演目中,シェークスピア劇3演目を含む7演目が外国戯曲であったし,自由劇場上演15演目中,9演目が西欧近代戯曲であった。 外国劇の作品紹介的な上演活動では劇団の自立性も経済基盤もつくれず,離合集散を重ねる新劇団活動のなかで,大衆的娯楽性の獲得による経済基盤の確立と芸術性追求の実験的小劇場公演の“二元の道”をとることによって,劇団の自立と持続をはかったのが,文芸協会解散直後の13年9月にメーテルリンク作品で旗揚げした島村抱月・松井須磨子主体の芸術座であった。沢田正二郎らも参加した芸術座第3回公演のトルストイ作《復活》上演(1914年3月)において,抱月は中山晋平作曲の《カチューシャの唄》をカチューシャ役須磨子の歌う劇中歌として挿入し大当りをとって全国巡演を可能ならしめた。…

【新派】より

…16年に高田と秋月,17年に藤沢が没し,〈新派〉は伊井,河合,喜多村のいわゆる〈三頭目時代〉となったが,21年に若い花柳(はなやぎ)章太郎が藤村秀夫,小堀誠,武田正憲,柳永二郎,松本要次郎,大矢市次郎,伊志井寛らと研究劇団として〈新劇座〉を結成,有島武郎《ドモ又の死》や秋田雨雀《国境の夜》の上演をしたり,また井上が《酒中日記》《平将門》を上演するなど一部で意欲的な活動はあったものの,全般には映画や新国劇の人気に押されがちで低調だった。なお,24年にもともと新劇から出発した水谷八重子を中心にした第2次芸術座ができて,27年に本郷座で藤森成吉《何が彼女をさうさせたか》を上演,以降松竹と提携して,いわゆる〈新派〉の一角に加わってきた。 低調だった〈新派〉が活気を得たのは,31年11月明治座上演の瀬戸英一《二筋道》であった。…

【松井須磨子】より

…長野県松代に生まれ,上京して文芸協会の養成所を卒業,初公演の《ハムレット》のオフィーリアでみとめられ,続いて《人形の家》のノラ,《マグダ》(《故郷》)のマグダの大役で劇団のスターとなった。島村抱月との恋愛で協会を除名され,大学教授の座を追われた抱月と芸術座という劇団を1913年(大正2)に結成,女座長として以後毎公演の主役を演じ続けた。劇中歌を歌うのがその演出の特色で,特に《復活》のカチューシャ(〈カチューシャ可愛や〉の歌),サロメが評判であった。…

【ロシア・ソビエト演劇】より

…また西欧の近代劇運動が紹介され始めたこともあり,私営の劇団がいくつか誕生した。なかでも98年にスタニスラフスキーネミロビチ・ダンチェンコが創設したモスクワ芸術座は,演出芸術を確立させ,演技のアンサンブルを重視し,せりふの行間に流れる心理をたどりながら人間の真の姿を表現することに成功した。芸術座のチェーホフ劇,ゴーリキー劇などはロシア演劇を飛躍的に発展させたのみならず,世界の演劇に大きな影響を与えた。…

※「芸術座」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

芸術座の関連キーワード大谷探検隊長州征伐No.1櫻狩り小児救急厚木基地訴訟加藤嘉中村福助(高砂屋・5代)牧野望東アルカン:即興曲集 第1集/piano solo

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

芸術座の関連情報