十菱 愛彦(読み)ジュウビシ ヨシヒコ

20世紀日本人名事典の解説

十菱 愛彦
ジュウビシ ヨシヒコ

大正・昭和期の劇作家,小説家 日本聖星学研究所長。



生年
明治30(1897)年11月5日

没年
昭和54(1979)年9月6日

出生地
兵庫県神戸市

学歴〔年〕
日本大学宗教学科中退

経歴
アテネ・フランセに学び、倉田百三知遇された。大正10年処女戯曲「離婚への道」、次いで書き下ろし「愛の路は寂し」で認められた。牧野信一らと十日会を結成、「黒猫」「黒猫座」を主宰した。その後小説「第二の処女期」、14年の「処女の門」は発禁となり「闇に咲く」と改題して出版。他に戯曲「小栗上野の死」など。戦災後、占星学を研究、日本聖星学研究所長となった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android