コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千家孝宗 せんげ のりむね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千家孝宗 せんげ-のりむね

?-? 南北朝時代の神職。
出雲孝時(いずもの-のりとき)の次男。出雲国造(くにのみやつこ)千家氏の祖。兄の清孝(きよたか)の跡をつぎ,康永2=興国4年(1343)国造となるが,弟貞孝(さだのり)と対立し,孝宗は千家,貞孝は北島を称し,国造家は2流にわかれた。以後明治維新まで両家が交互に出雲大社の神事をおこなった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

千家孝宗の関連キーワード南北朝時代出雲孝時

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android