千家孝宗(読み)せんげ のりむね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千家孝宗 せんげ-のりむね

?-? 南北朝時代の神職。
出雲孝時(いずもの-のりとき)の次男。出雲国造(くにのみやつこ)千家氏の祖。兄の清孝(きよたか)の跡をつぎ,康永2=興国4年(1343)国造となるが,弟貞孝(さだのり)と対立し,孝宗は千家,貞孝は北島を称し,国造家は2流にわかれた。以後明治維新まで両家が交互に出雲大社の神事をおこなった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android