コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北島 キタジマ

百科事典マイペディアの解説

北島【ペイタオ】

中国の詩人。北京市に生まれる。本名趙振開。1966年,北京第4中学在学中に文化大革命学業を中断。68年より80年まで,コンクリート工などの肉体労働従事。70年頃より詩と小説を書き始める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

きたじま【北島】

姓氏の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北島
ほくとう

ペイタオ(北島)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

現代外国人名録2012の解説

北島
ホクトウ
Bei-dao


国籍
中国

専門
詩人

肩書
香港中文大学教授

本名
趙/振開

生年月日
1949/8/2

出生地
北京

経歴
文化大革命のさなか21歳の頃より詩作をはじめ、文革収束後の1978年詩人の芒克、画家の黄鋭らと地下文学雑誌「今天!(TODAY!)」を創刊し、いわゆる朦朧詩派の中心的存在として活躍した。’80年停刊処分。この間、’76年の天安門事件の際に作られた「回答」(’76年)、「花束」(’78年)、「終りまたは始まり」(’80年)、「眠れ谷間よ」(’81年)などの詩があり、’86年には長詩「白日夢」を発表。文革を背景に失われた世代の呪詛と虚無を描いた小説「波」(’79年)などがある。また北欧詩の翻訳も手掛け、訳書に「北欧現代詩選」(’87年)、「シューデルグラン詩選」(’87年)があり、’87年には英国のダーハム大学客員研究員を務めた。’89年の「六・四」天安門事件を機に出国し、欧米に滞在。’90年に「今天!」をノルウェーで復刊、’98年には日本でも復刻される。同年芒克、黄鋭と共に日中国際芸術祭に参加のため来日。2008年より香港中文大学教授。2009年日本語訳「北島詩集」刊行を機に来日し、講演や朗読を行う。

受賞
米国ペンクラブ自由写作賞〔1990年〕

出典|日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について | 情報

北島の関連キーワード無敵のハンディキャップ/障害者が「プロレスラー」になった日Auckland Harbor Bridgeハミルトン(ニュージーランド)ファカレワレワサーマルビレッジ徳島県板野郡北島町太郎八須オヒネムツマオリビレッジ徳島県板野郡北島町新喜来徳島県板野郡北島町中村徳島県板野郡北島町高房徳島県板野郡北島町江尻暴れん坊将軍〈VII〉徳島県板野郡北島町北村徳島県板野郡北島町鯛浜パーマストン・ノース暴れん坊将軍〈IV〉暴れん坊将軍〈II〉暴れん坊将軍〈VI〉オークランド国際空港ベイオブアイランズトンガリロ国立公園

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北島の関連情報