千早(読み)ちはや

精選版 日本国語大辞典の解説

ちはや【千早】

雑俳柳多留‐三八(1807)「千早にててうじ虫のらを追ひ散らし」

ちはや【千早】

ちはや・ぶ【千早】

〘自バ上二〙 (「いちはやぶ」の変化したもの) たけだけしく行なう。勢い激しくふるまう。→ちはやぶる
古事記(712)上「故(かれ)、此の国に道速振(ちはやぶる)荒ぶる国つ神等(ども)の多在(さはな)りと以為(おも)ほす」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

千早の関連情報