千野茂(読み)ちの しげる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千野茂 ちの-しげる

1913-2002 昭和-平成時代の彫刻家。
大正2年1月15日生まれ。昭和14年日本美術院研究所にはいり,新海竹蔵師事。17年院展に初入選,30年同人となる。36年院展彫刻部解散にともない彫刻家集団S・A・Sを結成。39年国画会会員となる。51年東京芸大教授。56年長野市野外彫刻賞,57年中原悌二郎賞。静けさをたたえた人物像で知られた。平成14年4月12日死去。89歳。新潟県出身。作品に「フォーム」「朝」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android