コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千鳥の香炉 ちどりのこうろ

大辞林 第三版の解説

ちどりのこうろ【千鳥の香炉】

きぬた青磁の三脚の聞香炉。宗祇・織田信長・豊臣秀吉らが所持したという。底の中央に高台があって脚が宙に浮くのを千鳥に見立てて名付けられたという。また、この形の香炉。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

千鳥の香炉の関連キーワード織田信長聞香炉宗祇