コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半白(はんじろ)きゅうり

デジタル大辞泉プラスの解説

半白(はんじろ)きゅうり

奈良県で生産されるキュウリ果皮は薄めで半分ぐらいまでが白い。漬物に用いられることが多いが、近年生食に適する品種改良も行われている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

半白きゅうり[果菜類]
はんじろきゅうり

近畿地方、奈良県の地域ブランド。
主に葛城市で生産されている。全体の半分が緑で、もう半分が白いため半白きゅうりと呼ぶ。皮が薄めでかたいため、古くから漬物に利用されてきた。1960年代頃まで奈良県内の各地で栽培されていたが、生食用の歯切れが良い緑色系品種におされて生産は減少。しかし、近年栽培が復活し、品種改良を経て、皮がやわらかい生食用の種も育成されている。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

半白(はんじろ)きゅうりの関連キーワード近畿地方

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android