コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半自律的作業集団 はんじりつてきさぎょうしゅうだんsemi-autonomous work group

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

半自律的作業集団
はんじりつてきさぎょうしゅうだん
semi-autonomous work group

ベルトコンベヤー方式を廃止したボルボ自動車会社カルマー工場で導入された新しい作業組織。チーム作業方式とも呼ばれる。5~15名のチームの中で,だれがどのような仕事を,どのような手順や速さで行なうかを自分たちで決定する。作業チームごとに独自の職場出入口や休憩コーナーが設定され,自分たちで仕事と休息の時間を決めることができる。またチームリーダーを自ら選び,リーダーとメンバーの間は民主的な関係になっている。週または1ヵ月の生産目標は管理者との交渉によって決められるため,半自律的であると考えられている。この新しい作業方式は,労働者の自律性の尊重という観点から「労働の人間化」の重要な方策とされ,ILO (国際労働機関) などがその普及を進めている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

半自律的作業集団の関連キーワード職務再設計

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android