半道方(読み)ハンドウガタ

大辞林 第三版の解説

はんどうがた【半道方】

〔半分道化の意〕
歌舞伎の役柄の一。敵役かたきやくでおどけたしぐさを演ずる役者。「忠臣蔵」の道行きの伴内など。半道化方。半道敵。半道。チャリ敵。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android