コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半道 ハンドウ

大辞林 第三版の解説

はんどう【半道】

道のりの半分。
「半道方」「半道敵」の略。

はんみち【半道】

[1] 一里の半分。半里。
[0][4] 道のり全体の半分。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の半道の言及

【道外方】より

…西欧のフールと同じ道化,阿呆,泣男(なきおとこ),拍子事(ひようしごと)が道外方の芸の重要な要素であったが,後世戯曲の構成が複雑になるにつれ,脇役的存在になった。また《忠臣蔵》の伴内などのように,敵役の要素が加わり,半道外方の略で〈半道(はんどう)〉や〈半道敵〉〈チャリ敵〉という役柄に移行した。【渡辺 保】。…

※「半道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

半道の関連キーワード中島三甫右衛門(3代)杉山勘左衛門(初代)三升屋助十郎(初代)中島勘左衛門(5代)浅尾工左衛門(初代)坂東彦左衛門(2代)坂東彦左衛門(初代)宮崎十四郎(3代)宮崎十四郎(2代)西国兵五郎(3代)津打門三郎(3代)惣領甚六(2代)差し向き・差向き吾妻藤蔵(初代)桐山紋次(初代)サニクリーン九州桐山紋次(3代)浅尾奥山(3代)歌舞伎(演劇)坂東三津右衛門

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

半道の関連情報