卍形文(読み)まんじがたもん(英語表記)swastika; Hakenkreuz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

卍形文
まんじがたもん
swastika; Hakenkreuz

鉤十字の文様 (→ ) 。十字の4本の腕を途中から同一方向に折り曲げたものを基本にした文様で,連続文になっていることが多い。幸福を意味するサンスクリット語svastikaからスワスティカとも呼ばれ,またギリシア文字のガンマを4つ組合せたようにもみえるのでガンマディオン gammadionとも呼ばれる。古代から多く用いられ,特にギリシア陶器の第2期,幾何学模様時代の壺や,地中海沿岸地域の貨幣のデザイン,ガリア人の武器などにも用いられ,北ドイツやスカンジナビア地方に広くみられる。さらに南および中央アメリカ (マヤ文明) や北アメリカ (主としてナバホ・インディアン) にもみられる。インドでは現在でもヒンドゥー教ジャイナ教,仏教などの吉祥,円満,生命,中心,統合などのシンボルとして多用されている。ドイツではナチスがハーケンクロイツとして 1919年以来党旗に用い,35~45年国旗に用いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android