コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卒倒病 そっとうびょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

卒倒病
そっとうびょう

蚕の軟化病の一つ。卒倒菌または卒倒菌類似菌の寄生から生じる毒素 (アルカリ可溶の蛋白) による中毒。5齢の盛食期に発生する場合が多く,食欲不振,動作不活発となり,糞づまり,下痢などを起して死亡する。発病から死亡までの期間は高温多湿であるほど短い。養蚕農家の塵埃からこの菌が検出される割合はかなり多く,防除法としてはホルマリン消毒が有効である。卒倒菌は,1901年日本の石渡繁胤が初めて分離培養に成功した。微生物農薬として知られる BT剤はこの菌と同系統のものである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報