コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軟化病 なんかびょうflacherie

4件 の用語解説(軟化病の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

軟化病
なんかびょう
flacherie

蚕の病気の代表的な一つ。普通,斃死蚕が軟化腐乱することからこういわれる。一般に春蚕より夏,秋,晩秋蚕に罹病率が高い。その病源によって伝染性軟化病 (F型) ,細胞質 (中腸型) 多角体病,細菌性消化器病,卒倒病,敗血症に,また病状によって空頭性,下痢性,縮小性,吐瀉性などに区別される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なんかびょう【軟化病 flacherie】

原因はいろいろあるが,共通の病徴として食欲不振,体の緊張の欠如,発育不良,体の縮小,下痢,死体の黒変軟化などを示すカイコの病気の総称。カイコに給与するクワの質が悪かったり,飼育中の温湿度などの環境条件が不良であったりしてカイコの生理機能が低下すると,健康な場合に腸内に共生し一定数に維持されていた細菌のうち,おもに連鎖球菌Streptococcusなどの球菌類が異常繁殖する。これが軟化病発生の最も一般的な原因である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone