コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軟化病 なんかびょうflacherie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

軟化病
なんかびょう
flacherie

蚕の病気の代表的な一つ。普通,斃死蚕が軟化腐乱することからこういわれる。一般に春蚕より夏,秋,晩秋蚕に罹病率が高い。その病源によって伝染性軟化病 (F型) ,細胞質 (中腸型) 多角体病,細菌性消化器病,卒倒病,敗血症に,また病状によって空頭性,下痢性,縮小性,吐瀉性などに区別される。細菌性消化器病では連鎖状球菌,大腸菌類似菌,変形菌類似菌,その他の細菌が病蚕の消食管にみられる。伝染性軟化病と細胞質多角体病はウイルスを病源としており,膿病とともにウイルス病として扱われるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

なんか‐びょう〔ナンクワビヤウ〕【軟化病】

蚕の体が軟弱になって死ぬ病気。起縮(おきちぢみ)病・卒倒(たれこ)病など。細菌・ウイルスによって起こる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

なんかびょう【軟化病 flacherie】

原因はいろいろあるが,共通の病徴として食欲不振,体の緊張の欠如,発育不良,体の縮小,下痢,死体の黒変軟化などを示すカイコの病気の総称。カイコに給与するクワの質が悪かったり,飼育中の温湿度などの環境条件が不良であったりしてカイコの生理機能が低下すると,健康な場合に腸内に共生し一定数に維持されていた細菌のうち,おもに連鎖球菌Streptococcusなどの球菌類が異常繁殖する。これが軟化病発生の最も一般的な原因である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

なんかびょう【軟化病】

体内で細菌が繁殖し、体が軟化して死ぬカイコの病気の総称。死後黒変する。 → 硬化病

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

軟化病の関連キーワード千賀崎義香硬化病空頭病

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android