塵埃(読み)ジンアイ

デジタル大辞泉の解説

じん‐あい〔ヂン‐〕【××埃】

ちりとほこり。「塵埃にまみれる」
世の中の、もろもろの汚れたもの。俗世間の事柄。「塵埃を避けて山居する」

ちり‐ほこり【××埃】

ちりと、ほこり。じんあい。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じんあい【塵埃】

ちりやほこり。ごみ。あくた。 「 -にまみれる」
けがれた世の中。俗世間。 「世俗の-を逃れる」

ちりほこり【塵埃】

ちりとほこり。じんあい。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の塵埃の言及

【粉塵】より

…空気中に浮遊している粒状物を一般に塵埃(じんあい)というが,このうち土砂岩石,金属,植物など固形物が破砕されてできる直径0.1μmから数十μmの微小粒子をいう。ただし広義には空気中の浮遊する微粒子状物質全般をさすこともあり,この場合,最近では浮遊粉塵またはエーロゾルともいう。…

※「塵埃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android