塵埃(読み)ジンアイ

デジタル大辞泉の解説

じん‐あい〔ヂン‐〕【××埃】

ちりとほこり。「塵埃にまみれる」
世の中の、もろもろの汚れたもの。俗世間の事柄。「塵埃を避けて山居する」

ちり‐ほこり【××埃】

ちりと、ほこり。じんあい。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じんあい【塵埃】

ちりやほこり。ごみ。あくた。 「 -にまみれる」
けがれた世の中。俗世間。 「世俗の-を逃れる」

ちりほこり【塵埃】

ちりとほこり。じんあい。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じん‐あい ヂン‥【塵埃】

〘名〙 (連声で「じんない」とも発音する)
① ちりとほこり。あくた。ごみ。
※家伝(760頃)下「遂使无上尊像永蒙塵埃
※三国伝記(1407‐46頃か)五「塵(ぢんアイ)庭に積れば」 〔荘子‐逍遙遊〕
② よごれたもの。わずらわしいもの。俗世間的なもの。
※凌雲集(814)詠史〈坂上今継〉「陶潜不世、州里倦塵埃」 〔楚辞‐漁父辞〕

ちり‐ほこり【塵埃】

〘名〙 (形動) (「ちりぼこり」とも) ちりとほこり。じんあい。また、つまらぬこと、とるに足らぬもののたとえにもいう。
※両足院本山谷抄(1500頃)一「どこも塵ほこりで沙を吹たつるぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の塵埃の言及

【粉塵】より

…空気中に浮遊している粒状物を一般に塵埃(じんあい)というが,このうち土砂岩石,金属,植物など固形物が破砕されてできる直径0.1μmから数十μmの微小粒子をいう。ただし広義には空気中の浮遊する微粒子状物質全般をさすこともあり,この場合,最近では浮遊粉塵またはエーロゾルともいう。…

※「塵埃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android