コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

協力的脅威削減計画 きょうりょくてききょういさくげんけいかくCooperative Threat Reduction; CTR

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

協力的脅威削減計画
きょうりょくてききょういさくげんけいかく
Cooperative Threat Reduction; CTR

旧ソ連の各共和国が保有する大量破壊兵器の脅威を削減し拡散を防止するため,アメリカが 1992年から行なっている支援計画。法案提出者であるアメリカ上院議員サム・ナン (民主党) とリチャード・ルガー (共和党) の名をとりナン・ルガー法とも呼ばれる。ロシアウクライナベラルーシカザフスタンの核保有4ヵ国に対し,核兵器の安全管理や解体のための財政援助として毎年3~4億ドルを支出。援助内容としては軍需産業の民需転換や環境保護まで広がっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android