コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

協同組合間提携 きょうどうくみあいかんていけい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

協同組合間提携
きょうどうくみあいかんていけい

個々の協同組合組合員の利益のためにさまざまな方法で互いに協力し合うこと。協同組合間協同ともいう。提携には国内と国際があり,国内では同種部門内,生産,異種部門内,さらに異種部門内は中央組織,取引,合弁金融とに分かれ,他方国際では貿易,生産,金融,非経済の面での協力がある。現在最も注目される提携は異種部門間の取引である産地直送 (産直) 。特に 1970年代以降安全でおいしい食べ物を求める消費者運動の高まりを契機に,生協や消費者グループが農協や漁協,生産者グループなどと産直を本格化。最近ではこれに環境グループなどの集団が加わり,都市と農村,消費と生産,開発と自然など今日の生活様式をトータルに見直し,そのオールタナティブな在り方を草の根ネットワークで作り出していく動きへと広がっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

協同組合間提携の関連キーワード漁業協同組合

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android