産地直送(読み)さんちちょくそう

大辞林 第三版の解説

さんちちょくそう【産地直送】

消費者または小売店が生産者と直接取引を行なって生産物を手に入れること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

産地直送【さんちちょくそう】

産地直結(産直)とも。1960年代から大手乳業の独占と値上げに対抗して始まり,〈有害食品〉への自衛から,卸・小売を通さずに生産者消費者の農産物売買として拡大。とくに食品の良質性(安全・美味・新鮮)の要望から無農薬野菜や有機栽培農産物等への需要が強い。生産者もグループごとまとまって品質や価格を保証しあい,最近では〈ふるさと宅配便〉など農協地方自治体郵便局等も仲介している。スーパーやチェーン店等が流通合理化を目的にした産地からの取引直送とは区別される。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の産地直送の言及

【産地直結】より

…両主体の理念が統一的に結ばれることが産直の基本的な概念である。単なる物的流通の合理化をめざすスーパー・チェーンなどの産地取引は産地直送(これも産直と略す)であり,これとは明確に区別して理解すべきである。
[成立の背景]
 産直の成立した背景には次のような基本的な問題があった。…

※「産地直送」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

産地直送の関連情報