コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南北(朝鮮)間の列車運行 なんぼくかんのれっしゃうんこう/なんぼくちょうせんかんのれっしゃうんこう

知恵蔵の解説

南北(朝鮮)間の列車運行

2007年5月17日、朝鮮戦争によって南北朝鮮間の列車運行が完全に途絶えて以来56年ぶりに、南北を分ける軍事境界線を列車が越えた。ソウルから平壌(ピョンヤン)を経て中朝国境の新義州(シニジュ)に至る京義線(キョンウィソン)のムンサン―開城(ケソン)間の27.3Kmと、日本海沿いを走る東海線(トンヘソン)の猪津(チェジン)―金剛山(クムガンサン)間の25.5Kmで、ともに南北両政府の関係者らを乗せた1回だけの、記念の試運転だった。韓国側が期待する客車の定期運行については、北朝鮮側の慎重な姿勢のため、見通しはまだ全く立っていない。また07年12月11日には、ムンサンと、韓国企業が進出しつつある北朝鮮・開城工業団地に近い板門(パンムン)を結ぶ京義線の16.5Kmで、貨物列車の定期運行が始まった。平日のみ1日1往復の週5往復で、韓国側から工業団地に原料や資機材を運び、工業団地からは韓国側へ製品を運搬する。南北間の鉄道連結事業は、00年6月の初の南北首脳会談を受けた同年7月の南北閣僚級会談でまず京義線について合意し、その後、東海線の連結と、この2線に並行する連結道路の建設にも合意した。予定よりも大幅に遅れながらも、南北分断から半世紀ぶりに鉄路と道路はつながった。

(小菅幸一 朝日新聞記者 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

南北(朝鮮)間の列車運行の関連キーワードアゼルバイジャン共和国の要覧アラブ首長国連邦の要覧アルジェリアの要覧イタリアの要覧インドの要覧インドネシアの要覧ウガンダの要覧ウクライナの要覧ウルグアイの要覧イエメン共和国の要覧

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android