コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南条[町] なんじょう

百科事典マイペディアの解説

南条[町]【なんじょう】

福井県中部,南条郡の旧町。中心は九頭竜(くずりゅう)川支流の日野川流域で北陸本線が通じる。主として農林業を営み,米,麦などを産する。南北朝時代杣山(そまやま)城跡史跡)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なんじょう【南条[町]】

福井県中部,南条郡の町。人口5754(1995)。日野川の中流,武生盆地の南部に位置する。北陸街道を扼する要衝の地にあり,近世には鯖波(さばなみ)と脇本が宿場町として栄えた。脇本宿の本陣・宿問屋を務めた中山家は周辺46村を取り締まる大庄屋を兼ねていた。農業が主産業で,日野川沿いの肥沃な低地では米作が盛ん。カナリアの飼育が行われ,海外へも輸出される。山間部ではケイ石を産出し,ケイ石工場もある。北陸本線が通じ,北接する武生市への通勤者も多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

南条[町]の関連キーワード九頭竜川九頭竜支流

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

南条[町]の関連情報