コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九頭竜川 くずりゅうがわ

7件 の用語解説(九頭竜川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

九頭竜川
くずりゅうがわ

福井県北部を流れる川。全長 116km。福井県と岐阜県境の油坂峠付近に源を発し西流,大野盆地を経て志比の地溝帯に入り,永平寺町西部付近から福井平野を形成。日野川を合わせて北流し,坂井市三国で日本海に注ぐ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くずりゅう‐がわ〔クヅリユウがは〕【九頭竜川】

福井県北部を流れる川。源を岐阜県境の油坂峠付近に発し、坂井市で日本海に注ぐ。長さ116キロ。上流には九頭竜ダムなどがあり、また鉛・亜鉛、森林などの資源が豊富。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

九頭竜川【くずりゅうがわ】

福井・岐阜県境の油坂峠付近に発し,福井県東部を北西流して三国町(現・坂井市)で日本海に注ぐ川。長さ116km,流域面積2930km2。中世には崩河,大野河などとみえ,江戸時代には木材流しや船渡しがあった。
→関連項目池田[町]大野[市]勝山[市]金津[町]カマキリ(魚類)河口荘九頭竜ダム清水[町]武生[市]南条[町]福井[県]松岡[町]三国[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

くずりゅうがわ【九頭竜川】

福井県嶺北地方を北流する川。支流の日野川,足羽(あすわ)川とともに下流域に福井平野を展開する。名称は〈崩れ川〉あるいは〈黒竜(くろたつ)川〉の転訛かという。本流は岐阜県白鳥(しろとり)町境の油坂峠付近に発し,西流また北西流して大野盆地に入り,その北端勝山から志比谷を西流,坂井平野に出てその西縁を北流し,三国で日本海に入る。幹川流路延長116km,全流域面積2930km2。日野川は岐阜・滋賀県境の三国ヶ岳付近に発して北流,武生盆地に出て,その北で西から天王川,東から浅水(あそうず)川を合わせ,城山付近の狭隘を破って福井市街の北西で九頭竜川に入る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

くずりゅうがわ【九頭竜川】

福井県北部を流れる川。岐阜県境の油坂峠付近に源を発し、福井平野を貫流して日本海に注ぐ。長さ116キロメートル。上流は水力発電地帯。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔福井県〕九頭竜川(くずりゅうがわ)


福井県北東部を流れる川。1級河川(九頭竜川水系)。延長116km。流域面積2930km2。岐阜県境の油坂(あぶらざか)峠に源を発し、北西流して石徹白(いとしろ)川を合わせ、大野(おおの)盆地で真名川と合流。福井平野に入り日野(ひの)川と合流して坂井(さかい)市三国(みくに)町で日本海に注ぐ。上流の九頭竜ダム・鷲(わし)ダムなどは発電と水量調節、下流では十郷(じゅうごう)用水など福井平野の灌漑(かんがい)に利用される。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

九頭竜川
くずりゅうがわ

福井県北部を流れる川。一級河川。福井・岐阜県境にある標高約800メートルの油坂峠に源を発し、西流して九頭竜湖(ダム湖)に入る。九頭竜ダムは、御母衣(みぼろ)ダムに次ぐロックフィル式ダムで、発電、灌漑(かんがい)、水利調節に大きく寄与している。本流は下流の大野(おおの)市朝日で石徹白(いとしろ)川の水をあわせ、北進または西進して荒島岳を迂回(うかい)し、勝原(かどはら)で打波(うちなみ)川をあわせ大野盆地に入る。ここで真名(まな)川をあわせ、さらに北流し勝山盆地に入り、滝波(たきなみ)川をあわせ、西流し鳴鹿山鹿(なるかさんか)付近で福井平野に出る。ここで緩い扇状地をつくりつつ西流し、南方から流れてきた日野川をあわせ、以下きわめて低平なデルタ性氾濫原(はんらんげん)をつくりつつ三国(みくに)港で日本海に注ぐ。延長116キロメートル、流域面積2930平方キロメートル。福井平野の穀倉地帯形成に大きく貢献した「母なる川」である。上流の九頭竜峡は奇勝に富み、とくに仏原(ほとけはら)付近の景色はみごとである。また上流は電源地帯としての重要性のほか、林産、鉱産資源の宝庫でもある。[印牧邦雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

九頭竜川の関連キーワード足羽川板取川日野川福井平野ザールウスリー[川]ナイセ[川]今庄〈町〉清水〈町〉福井県越前市日野美

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

九頭竜川の関連情報