杣山(読み)そまやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

杣山
そまやま

福井県中央部,南越前町にある山。標高 492m。日野川と支流の阿久和川,田倉川によって三方を囲まれた要害の地で,南北朝時代新田義貞斯波高経の合戦のとき,瓜生保が新田氏に応援してここで兵をあげた。山頂に城塁,山麓に居館の跡があり,杣山城跡として国の史跡に指定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

そま‐やま【×杣山】

木材を切り出す山。また、木材にするための木を植えた山。そま。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そまやま【杣山】

木材とするための樹木を植えてある山。そま。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の杣山の言及

【杣工】より

…古代,中世において,杣山で伐木・造材を行う者。〈そまこう〉〈そまく〉とも読む。…

※「杣山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android