コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

営み イトナミ

デジタル大辞泉の解説

いとなみ【営み】

物事をすること。行為。作業。「自然の営み
「従来の教育と其―の性質(しな)によりて」〈逍遥小説神髄
生活のためにする仕事。生業。「日々の営みに追われる」
特に、性行為。「愛の営み」「夫婦の営み
したく。準備。「春を迎える営みに余念がない」
神事・仏事を行うこと。
「三月二十四日には初七日の―があった」〈鴎外阿部一族

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いとなみ【営み】

〔動詞「いとなむ」の連用形から〕
行為。作業。 「巣を作る野鳥の-」
特に、性行為。 「夜の-」
生活のための仕事。生業。なりわい。 「日々の-」
用意。支度。 「冬の-に忙しい」
仏道の勤め。 「このかたの-は/源氏 賢木

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

営みの関連キーワードライフスタイル黒松内[町]北風荘右衛門アボリジニー設楽[町]荒木宗太郎菊陽[町]銭屋五兵衛曽我・曾我中部幾次郎矢掛[町]倉岳[町]大仁[町]内海[町]託ち寄す錦[町]尾崎雅嘉菅原重厚人間失格年忌法要

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

営みの関連情報