コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南江駅話 なんこうえきわ

1件 の用語解説(南江駅話の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

なんこうえきわ【南江駅話】

洒落本。北左農山人(きたさのさんじん)作。1770年(明和7)刊。1冊。南江は品川をさす。吉原通(つう)を誇る半可通(はんかつう)酔無が,3人の友人とともに初めて品川に遊び,女に冷遇されるのと,友人の一人袖浦(しゆうほ)がなじみの女に好遇されるのとを対照的に描いている。最初にこの4人の人柄の説明がなされ,人物を類型的性格にあてはめて描く洒落本のゆきかたを示す。品川取材の最初の洒落本として注目される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

南江駅話の関連キーワード辰巳之園風来山人自惚山人臥雲山人華街桜山人霞谷山人志満山人蜀山人(初代)東里山人米山人

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone