コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半可通 ハンカツウ

デジタル大辞泉の解説

はんか‐つう【半可通】

[名・形動]いいかげんな知識しかないのに通人ぶること。また、その人や、そのさま。「半可通な(の)知識をふりまわす」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はんかつう【半可通】

よく知らないのに知ったふりをすること。通人ぶること。また、その人。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の半可通の言及

【通】より

…そこから〈大通(だいつう)〉の語も生じ,明和・安永と盛んに〈大通〉賛美が行われたのち,反省期を迎え,天明期に入って〈大通〉のイメージの中にあった豪気さ,放胆さが消え,多分に常識的,小市民的な〈通〉の理念が生じた。一方で,己ひとり通人なりと誇らしげな人物を指す〈半可通(はんかつう)〉(野暮(やぼ))という語も生まれる。洒落本はもっぱらこの〈半可通〉をうがちの対象として登場させ,滑稽を摘出することに成功している。…

【野暮】より

…世態人情の機微に通じず,言動がすべてにわたって洗練されていない人,遊里の事情に不案内な人のことをいう。〈野暮〉と〈通〉はその世界を全く異にしているため,修行しだいでは〈野暮〉から〈通〉への変化も可能だが,〈半可通(はんかつう)〉は〈通〉の範疇の中にありながら目ざす方向が〈通〉とは逆であるため,かえって〈通〉から遠ざかることになる。洒落本の世界では,より滑稽な存在として,〈野暮〉よりも〈半可通〉に関心が持たれることが多く,その人物像も生彩に富んでいる。…

※「半可通」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

半可通の関連情報