コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南源性派 なんげん しょうは

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南源性派 なんげん-しょうは

1631-1692 明(みん)(中国)の僧。
崇禎(すうてい)4年8月23日生まれ。黄檗(おうばく)宗。承応(じょうおう)3年隠元隆琦(いんげん-りゅうき)とともに来日,長崎興福寺にはいる。宇治万福寺の開創につくし,寛文8年華厳院をひらく。延宝8年摂津(せっつ)国分寺住持。元禄5年6月25日死去。62歳。福州出身。俗姓は林。号は松雪。法名は別に良衍,非泉。著作に「南源和尚語録」「芝林集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

南源性派 (なんげんしょうは)

生年月日:1631年8月23日
江戸時代前期の黄檗宗の僧
1692年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

南源性派の関連キーワード熊谷茘斎生年月日黄檗宗性派

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android