コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄檗/黄蘗 オウバク

デジタル大辞泉の解説

おう‐ばく〔ワウ‐〕【黄×檗/黄×蘗】


(「黄柏」とも書く)キハダの別名。また、キハダの樹皮から作った染料、または生薬。漢方で内皮健胃・収斂(しゅうれん)薬などに使用。
黄檗宗」の略。
京都府宇治市の地名。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

黄檗(おうばく)

京都府京都市、鎰屋政秋が製造・販売する銘菓。栗を用いた羊羹きな粉をまぶしたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黄檗
おうばく

京都府南部、宇治市の一地区。1661年(寛文1)明(みん)僧隠元(いんげん)が開山した黄檗宗大本山万福寺(まんぷくじ)がある。伽藍(がらん)は中国風の様式を示し、また鉄眼道光(てつげんどうこう)の『一切経(いっさいきょう)』版木(はんぎ)を蔵する宝蔵院がある。付近は宇治茶発祥の地と伝えられる。JR奈良線と京阪電鉄宇治線の黄檗駅がある。[織田武雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

黄檗/黄蘗の関連キーワード静岡県浜松市北区細江町中川群馬県甘楽郡南牧村大塩沢千葉県香取郡東庄町小南神奈川県小田原市入生田山口県下関市長府安養寺黄檗山(中国江西省)群馬県高崎市鼻高町黄檗料理・黄蘗料理林丘寺宮元瑶尼京都府宇治市京都府京都市鉄眼道光木庵性瑫黄檗隠元普茶料理喜多道矩黄檗鉄牛織田武雄黄檗費隠黄檗即非

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android