コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄檗宗 おうばくしゅう

5件 の用語解説(黄檗宗の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黄檗宗
おうばくしゅう

禅宗の一派。中国福建省黄檗山の隠元隆 琦を開祖とする。宗名は中国の黄檗山万福寺の山名から取ったもの。隠元は承応3 (1654) 年長崎崇福寺の逸然らのたびたびの懇請によって独湛らとともに来日,将軍家綱に謁見し,山城国宇治に黄檗山万福寺の名を移して堂宇を建立した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おうばく‐しゅう〔ワウバク‐〕【黄×檗宗】

日本の三禅宗の一。承応3年(1654)来日した明僧(みんそう)隠元が開祖で、京都府宇治市の黄檗山万福寺を本山とし、明治9年(1876)臨済宗から独立して一宗となる。教禅一如を提唱、念仏禅に特色がある。→禅宗

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

黄檗宗【おうばくしゅう】

日本の禅宗の一宗派。中国僧隠元(いんげん)が将軍徳川家綱に請い,故山にならって1661年宇治(うじ)に黄檗山万福(まんぷく)寺を創建したのに始まる。教義的には臨済(りんざい)宗の一派で,明(みん)代の念仏禅をまじえる。
→関連項目喜多元規三筆禅宗鉄眼唐音普茶料理渡辺秀石

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おうばくしゅう【黄檗宗】

京都府宇治市に所在する黄檗山万福寺を本山とする禅宗の一派。宗祖は1654年(承応3)に来日した明僧の隠元隆琦で,万福寺は61年(寛文1)に開創され,ここに禅浄一致の宗風をもつ明朝禅が伝えられて大きく発展した。隠元の禅は東福寺開山円爾弁円円覚寺開山無学祖元と同じ径山(きんざん)の無準師範(ぶしゆんしばん)の法系に属する臨済禅であって,中国では臨済宗の一派にすぎなかったが,日本では黄檗山の禅が念仏禅の禅風をかかげ,伽藍様式や読経,法要様式,法具法服その他すべて明風であり,日本臨済宗に異なる特色をもったことで,臨済宗と分離し一宗を形成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黄檗宗
おうばくしゅう

臨済(りんざい)宗、曹洞(そうとう)宗と並ぶ日本禅宗三派の一つ。中国明(みん)代の僧隠元隆(いんげんりゅうき)(1592―1673)を開祖とし、京都府宇治市にある黄檗山万福寺(まんぷくじ)を本山とする。元和(げんな)・寛永(かんえい)(1615~44)のころ、長崎には明末の動乱を逃れて渡来した多くの中国人、華僑(かきょう)が在住していたが、とくに福州(福建省)出身者たちによって興福寺(こうふくじ)、福済寺(ふくさいじ)、崇福寺(そうふくじ)(いわゆる長崎三福寺)が建てられ、明(みん)僧が招かれて住していた。臨済宗楊岐派(ようぎは)に属し、費隠通容(ひいんつうよう)の弟子であった隠元は、福州の黄檗山万福寺に住していたが、興福寺逸然性融(いつねんしょうゆう)の招聘(しょうへい)を受け、大眉性善(だいびしょうぜん)、独湛性瑩(どくたんしょうけい)、独言性聞(どくげんしょうもん)、南源性派(なんげんしょうは)ら随行30名を連れて1654年(承応3)に長崎に来航し、興福寺、崇福寺、摂津普門寺の住職を務めた。ついで58年(万治1)江戸湯島麟祥院(りんしょういん)に寄寓(きぐう)し、4代将軍徳川家綱に謁して信頼を得、61年(寛文1)についに幕府の許可を得て山城(やましろ)国宇治に大禅苑(だいぜんえん)を建立、先住地の名をとって黄檗山万福寺と名づけた。
 隠元はここで明朝(みんちょう)風の伽藍(がらん)を構え、明朝風の法式勤行(ほうしきごんぎょう)を行い、特異な念仏禅を挙揚し、のちにその系統が黄檗宗とよばれた。この新来の禅に日本僧が相次いで参じたが、とくに儀礼の面で日本の禅界に多大の影響を与えた。さらに隠元の弟子木庵性(もくあんしょうとう)(1611―84)や即非如一(そくひにょいち)(1616―71)も渡来して隠元の教化を助け、またこの系統に高泉性(こうせんしょうとん)(1613―95)、鉄眼道光(てつげんどうこう)(1630―82)、竜渓性潜(りゅうけいしょうせん)(1602―70)などがいて、その発展に大きな役割を果たし、黄檗宗は隆盛に赴いた。
 とくに木庵性は黄檗宗第2世となり、のち江戸瑞聖寺(ずいしょうじ)を開山、関東に黄檗宗の基礎を据えた。また5世の高泉性は中興といわれる。その後万福寺は13世竺庵(じくあん)まで中国僧によって受け継がれたが、14世竜統(りゅうとう)以後は日本僧も住持するようになった。21世大成(たいせい)以後しだいに衰微し、33世良忠(りょうちゅう)が宗門を刷新し再興を図ったが、1874年(明治7)臨済宗に合併された。しかし、1876年にふたたび独立、1952年(昭和27)に宗教法人法による認証を受けた。今日、法系としては臨済宗の白隠慧鶴(はくいんえかく)の系統に変わったが、中国風の法式勤行(ごんぎょう)は現在も伝承されている。2000年(平成12)現在寺院463、信徒35万人を擁している。
 なお、隠元とともに渡来した文人工匠らによって、普茶(ふちゃ)料理(精進料理)や煎茶(せんちゃ)などの生活文化、また明朝風の建築様式、画像、彫像、詩文、書などの黄檗風といわれる文化が移入され、日本で独特の発達をみせた。[石川力山]
『山本悦心著『黄檗東渡僧宝伝』(1926・愛知黄檗堂) ▽西村貞著『黄檗画像志』(1934・大阪池永美術研究所) ▽高橋良和著『黄檗山万福寺』(1976・探究社) ▽竹貫元勝編・著『近世黄檗宗末寺帳集成』(1990・雄山閣出版) ▽阿部理恵著『禅の寺――臨済宗・黄檗宗 十五本山と開山禅師』(1996・禅文化研究所) ▽臨済会編『昭和・平成禅僧伝 臨済・黄檗篇』(2000・春秋社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の黄檗宗の言及

【隠元】より

…京都府宇治の黄檗(おうばく)山万福寺の開山で,日本黄檗宗の開祖。隠元は号で,諱(いみな)は隆琦(りゆうき)。…

【禅宗】より

…臨済禅の伝来は,そうした中国近代文明の持続的な日本への伝来とともにあり,これを集大成するのが,黄檗山の開創である。 黄檗宗は,中国の福州黄檗山万福寺の住持,隠元隆琦が,江戸幕府の帰依で宇治に万福寺を開いたのに始まる。隠元隆琦は,中国では臨済宗楊岐派に属し,日本でも臨済正宗を名のるが,鎌倉以来すでに日本に来ている臨済禅が,宋・元時代のそれを伝えて完全に日本化しているのに比して,近世中国の風俗習慣を伴う隠元の臨済禅は,日本仏教徒にあらためて中国仏教の現実を見せつけることとなる。…

【万福寺】より

…京都府宇治市にある黄檗(おうばく)宗の大本山。山号は黄檗山。…

※「黄檗宗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

黄檗宗の関連キーワード黄檗慈光黄檗独湛黄檗隠元万福寺万福寺派京都府宇治市宇治東内京都府宇治市宇治琵琶京都府宇治市五ケ庄三番割京都府宇治市木幡京都府宇治市莵道滋賀谷

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

黄檗宗の関連情報