コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南画廊 みなみがろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南画廊
みなみがろう

東京画廊とともに現代美術を扱う画商としてパイオニア的存在。画廊主の志水楠男は,東京画廊勤務を経て 1956年に南画廊を設立。駒井哲郎展によって開廊今井俊満荒川修作三木富雄,あるいは J.フォートリエ,S.フランシス,J.ジョーンズやグルッポTなど内外のさまざまな作家の個展を開催したが,79年,志水の死によって閉廊した。画廊の歩みがそのまま 60年代~70年代の美術の歩みであった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

南画廊の関連キーワード宇佐美圭司志水 楠男刀根康尚

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android