コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南画廊 みなみがろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南画廊
みなみがろう

東京画廊とともに現代美術を扱う画商としてパイオニア的存在。画廊主の志水楠男は,東京画廊勤務を経て 1956年に南画廊を設立。駒井哲郎展によって開廊。今井俊満荒川修作三木富雄,あるいは J.フォートリエ,S.フランシス,J.ジョーンズやグルッポTなど内外のさまざまな作家の個展を開催したが,79年,志水の死によって閉廊した。画廊の歩みがそのまま 60年代~70年代の美術の歩みであった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone