コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒川修作 あらかわしゅうさく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

荒川修作
あらかわしゅうさく

[生]1936.7.6. 愛知,名古屋
[没]2010.5.19. アメリカ合衆国,ニューヨーク,ニューヨーク
美術家。コンセプチュアル・アートの先駆者の一人。1956年武蔵野美術学校に入学,その後中退。1957~61年読売アンデパンダン展に出品。1960年ネオ・ダダイズム・オルガナイザーズ(→ダダ)の結成に参加し,棺桶型の木箱の中に不気味な形状のセメントの塊を置いた立体作品を発表。1961年に渡米,滝口修造のはからいでマルセル・デュシャンに会い,ニューヨークを拠点に活動を続けた。1964年頃から記号,ことば,数字などを画面に描いたダイアグラム(図式)的絵画作品に移行した。「ダイアグラム」「意味のメカニズム」シリーズで注目を浴び,アメリカ合衆国,イタリア,ドイツ,日本,フランスなどで個展が開催され,高く評価された。1972年頃から建築的実験モデルの制作を始め,庭園「養老天命反転地」(1995),集合住宅「三鷹天命反転住宅」(2005)など特異な作品が話題になった。妻で詩人のマドリン・ギンズは仕事上のパートナーでもあり,共著に『意味のメカニズム』(1971)がある。1986年フランスの芸術文芸勲章シュバリエ,2003年紫綬褒章受章

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

荒川修作

1936年、名古屋市生まれ。「死なないために」との命題で建築を中心とする作品を作り続けた。代表作岐阜県養老町テーマパーク「養老天命反転地」、東京都三鷹市の集合住宅「三鷹天命反転住宅」。起伏の激しい床や傾いた壁は身体感覚を揺さぶり、バリアフリーなど福祉面での議論も巻き起こした。1997年にニューヨークのグッゲンハイム美術館で日本人初の個展。2003年に紫綬褒章を受章。2010年、死去。

(2015-09-11 朝日新聞 朝刊 高知全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

あらかわ‐しゅうさく〔あらかはシウサク〕【荒川修作】

[1936~2010]美術家。愛知の生まれ。第二次大戦後の前衛美術を牽引した一人で、図形や記号などを取り入れた絵画様式を確立。のち、建築など立体作品に移行。平成7年(1995)、妻で詩人のマドリン=ギンズとともに、岐阜県養老町に体験型の作品「養老天命反転地」を制作。紫綬褒章受章。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

荒川修作【あらかわしゅうさく】

美術家。名古屋市生れ。武蔵野美術学校中退。読売アンデパンダン展に出品し,1960年ネオ・ダダイズム・オルガナイザーズの結成に参加。同年の初個展《もうひとつの墓場》で棺桶に似た箱にセメント製のオブジェを詰めた作品を発表。
→関連項目名古屋市美術館

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荒川修作 あらかわ-しゅうさく

1936-2010 昭和後期-平成時代の洋画家。
昭和11年7月6日生まれ。昭和35年篠原有司男(うしお)らとネオ・ダダイズム・オルガナイザーズを結成。36年からニューヨーク在住。43年現代日本美術展で最優秀賞。63年ベルギー批評家賞受賞。幾何学的な線や矢印,記号などをもちいた図式絵画を展開,国際的に活躍する。平成8年岐阜県養老町につくった公園「養老天命反転地」で日本芸術大賞。9年グッゲンハイム美術館で回顧展開催。平成22年5月19日ニューヨークで死去。73歳。愛知県出身。武蔵野美術学校(現・武蔵野美大)中退。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荒川修作
あらかわしゅうさく
(1936―2010)

洋画家。美術家。名古屋に生まれ、武蔵野(むさしの)美術大学を中退。読売アンデパンダン展を舞台として進出した第二次世界大戦後の前衛美術の旗手の一人で、「ネオ・ダダ・オルガナイザー」を結成して反芸術運動を展開した。1961年(昭和36)渡米してまもなくニューヨークで制作活動を始め、製図のような平面図形による様式を確立し、アメリカの美術状況とは異なる繊細で非情な詩学を提示した。ウィットゲンシュタインの哲学を現代絵画に詠み込むという特異な方法論をとっている。1977年には欧米各地で、1979年には東京、大阪などで大規模な個展を開催した。後年は、平面作品による表現から建築などの空間作品へと移行。詩人のマドリン・ギンズ夫人とともに、1995年(平成7)岐阜県養老町に設計された「天命反転地」は各方面で話題を呼んだ。[桑原住雄]
『荒川修作・M・ギンズ著、市川浩訳『意味のメカニズム』(1988・リブロポート) ▽荒川修作・M・ギンズ著、工藤順一・塚本明子訳『建築‐宿命反転の場―アウシュヴィッツ‐広島以降の建築的実験』(1995・水声社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の荒川修作の言及

【アメリカ美術】より

…一部のヨーロッパ系美術の影響を除けば,日本の戦後美術はアメリカの同時代美術の文脈をたどって形成されたもので,その傾向は今も続いている。戦後アメリカで活動した画家には岡田謙三(1902‐82),猪熊弦一郎(1902‐93),川端実(1911‐ ),新妻実(1930‐ ),篠原有司男(うしお)(1932‐ ),河原温(かわらおん)(1933‐ ),荒川修作(1936‐ )らがいる。【桑原 住雄】。…

※「荒川修作」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

荒川修作の関連キーワードネオ・ダダイズム・オルガナイザーズウィットゲンシュタインインスタレーションジャンク・アート奈義町現代美術館セゾン現代美術館軽井沢現代美術館国立国際美術館リトグラフ赤瀬川原平ドクメンタ太田ゆうき桑原住雄工藤哲巳現代美術南画廊荒川

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

荒川修作の関連情報