東京画廊(読み)とうきょうがろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

1950年開廊。山本孝と志水献男によって設立。志水は6年後に独立して南画廊を起こすが,この2画廊が,以後の現代美術進展の原動力であった。東京画廊は,現代美術を扱う画廊としては現在,最古参ということになる。 10年ひと区切りの「ヒューマン・ドキュメント」展,国内外画廊と協同で行なう交換展など企画展も行なっている。斎藤義重関根伸夫をはじめ多数の作家個展を開いてきた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東京画廊の関連情報