コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東京画廊 とうきょうがろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東京画廊
とうきょうがろう

1950年開廊。山本孝と志水献男によって設立。志水は6年後に独立して南画廊を起こすが,この2画廊が,以後の現代美術進展の原動力であった。東京画廊は,現代美術を扱う画廊としては現在,最古参ということになる。 10年ひと区切りの「ヒューマン・ドキュメント」展,国内外画廊と協同で行なう交換展など企画展も行なっている。斎藤義重関根伸夫をはじめ多数の作家が個展を開いてきた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

東京画廊の関連キーワード長谷川 林子長谷川 仁志水 楠男長谷川林子杉浦康平石子順造志水楠男長谷川仁山本 孝

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東京画廊の関連情報