コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今井俊満 いまいとしみつ

4件 の用語解説(今井俊満の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

今井俊満
いまいとしみつ

[生]1928.5.6. 京都,京都
[没]2002.3.3. 東京,中央
洋画家。フランスで活躍した世界的な画家。1948年旧制武蔵高等学校を卒業後,1952年に渡仏。フランスの批評家ミシェル・タピエが唱えた絵画運動であるアンフォルメルの主要メンバーとしてパリで活躍した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

今井俊満【いまいとしみつ】

画家。京都市生れ。1947年武蔵高等学校卒。在学中から絵画に取り組む。1952年渡仏,パリで活動。1950年代,フランスの抽象絵画運動アンフォルメルを日本に紹介。
→関連項目田淵安一中垣信夫

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今井俊満 いまい-としみつ

1928-2002 昭和後期-平成時代の洋画家。
昭和3年5月6日生まれ。荻太郎,梅原竜三郎,安井曾太郎らに師事。昭和27年渡仏。37年現代日本美術展で優秀賞。日本を代表するアンフォルメル(非定形絵画)の画家として日本とパリ双方を拠点に活躍する。平成8年レジオン-ドヌール勲章シュバリエ章。平成14年3月3日死去。73歳。京都出身。旧制武蔵高卒。作品に「秋」「カオス」,「花鳥風月」「波濤」シリーズなど。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

今井俊満
いまいとしみつ
(1928―2002)

洋画家。京都市生まれ。幼少期は京阪地方に暮らすが、旧制武蔵(むさし)高校入学のため上京。在学中から絵を描き始め、1948年(昭和23)の卒業の年には新制作派協会展に入選する。50年東京芸術大学絵画科油画専攻に1年間派遣学生として学ぶ。翌年の第3回読売アンデパンダン展に初出品、また新制作派協会展で新作家賞を受け、会友となる。52年フランスに渡り、ソルボンヌ大学文学部に学ぶが、ミシェル・タピエMichel Tapi(1909―87)のアンフォルメル運動に参加して活躍。57年、パリのスタドラー画廊で個展を開いたあと、日本でタピエ、サム・フランシス、ジョルジュ・マチューGeorges Mathieu(1921― )らと展覧会を開催し、アンフォルメル紹介に努める。すでに海外の主要な美術展への招待や個展開催など、高い評価を受けていたが、日本国内でも、62年現代日本美術展で優秀賞を受け、ベネチア、サン・パウロのビエンナーレ展の代表になるなどの活躍をした。80年代には「花鳥風月」などの伝統的なモチーフによるシリーズを、90年代には戦争や原爆をテーマとした「ヒロシマ」シリーズなどを手がける。95年フランスからレジオン・ドヌール勲章、97年のフランス芸術文化勲章(コマンドール)を受けるなど受賞歴も多い。[小倉忠夫・柳沢秀行]
『『画集今井俊満』(1975・求龍堂) ▽『花鳥風月』(1989・美術出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今井俊満の関連キーワード森毅上野瞭大久保典夫加藤進鈴木鷹夫立間祥介角田達郎新島淳良二宮敬山下和夫

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

今井俊満の関連情報