コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今井俊満 いまいとしみつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

今井俊満
いまいとしみつ

[生]1928.5.6. 京都,京都
[没]2002.3.3. 東京,中央
洋画家。フランスで活躍した世界的な画家。1948年旧制武蔵高等学校を卒業後,1952年に渡仏。フランスの批評家ミシェル・タピエが唱えた絵画運動であるアンフォルメルの主要メンバーとしてパリで活躍した。1963年サンパウロ・ビエンナーレに出品(→ビエンナーレ)。1968年に帰国し,赤い色調の激しい抽象作品を制作していたが,1980年代に『花鳥風月』を発表してからは,琳派を思わせる日本の伝統に回帰した作風に転じた。1995年には「ヒロシマ」シリーズで,原子爆弾で焦土と化した悲惨な光景を描き,原爆の恐怖や戦争の愚かさを訴えた。晩年は「コギャル」シリーズで現代女性を主題にした活力のある作品を発表した。癌を患っていることを公言し,2000年に東京銀座の画廊で「サヨナラ展」を開催。作品は日本の美術館のほかフランスのジョルジュ・ポンピドー国立芸術文化センターにも収蔵されている。1995年レジオン・ドヌール勲章,1997年フランス芸術文化勲章最高位のコマンドールを授与された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

今井俊満【いまいとしみつ】

画家。京都市生れ。1947年武蔵高等学校卒。在学中から絵画に取り組む。1952年渡仏,パリで活動。1950年代,フランスの抽象絵画運動アンフォルメルを日本に紹介。
→関連項目田淵安一中垣信夫

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今井俊満 いまい-としみつ

1928-2002 昭和後期-平成時代の洋画家。
昭和3年5月6日生まれ。荻太郎,梅原竜三郎,安井曾太郎らに師事。昭和27年渡仏。37年現代日本美術展で優秀賞。日本を代表するアンフォルメル(非定形絵画)の画家として日本とパリ双方を拠点に活躍する。平成8年レジオン-ドヌール勲章シュバリエ章。平成14年3月3日死去。73歳。京都出身。旧制武蔵高卒。作品に「秋」「カオス」,「花鳥風月」「波濤」シリーズなど。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

今井俊満
いまいとしみつ
(1928―2002)

洋画家。京都市生まれ。幼少期は京阪地方に暮らすが、旧制武蔵(むさし)高校入学のため上京。在学中から絵を描き始め、1948年(昭和23)の卒業の年には新制作派協会展に入選する。50年東京芸術大学絵画科油画専攻に1年間派遣学生として学ぶ。翌年の第3回読売アンデパンダン展に初出品、また新制作派協会展で新作家賞を受け、会友となる。52年フランスに渡り、ソルボンヌ大学文学部に学ぶが、ミシェル・タピエMichel Tapi(1909―87)のアンフォルメル運動に参加して活躍。57年、パリのスタドラー画廊で個展を開いたあと、日本でタピエ、サム・フランシス、ジョルジュ・マチューGeorges Mathieu(1921― )らと展覧会を開催し、アンフォルメル紹介に努める。すでに海外の主要な美術展への招待や個展開催など、高い評価を受けていたが、日本国内でも、62年現代日本美術展で優秀賞を受け、ベネチア、サン・パウロのビエンナーレ展の代表になるなどの活躍をした。80年代には「花鳥風月」などの伝統的なモチーフによるシリーズを、90年代には戦争や原爆をテーマとした「ヒロシマ」シリーズなどを手がける。95年フランスからレジオン・ドヌール勲章、97年のフランス芸術文化勲章(コマンドール)を受けるなど受賞歴も多い。[小倉忠夫・柳沢秀行]
『『画集今井俊満』(1975・求龍堂) ▽『花鳥風月』(1989・美術出版社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今井俊満の関連キーワードジャン・カルロ カルツァ志水 楠男南画廊

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android