コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南蛮ギセル ナンバンギセル

デジタル大辞泉の解説

なんばん‐ギセル【南蛮ギセル】

ハマウツボ科の一年草ススキミョウガサトウキビなどの根に寄生する。全体に赤褐色で、茎はほとんど地上に出ず、数枚の鱗片(りんぺん)状の葉がつく。秋、高さ15~30センチの花柄を出し、淡紫色の筒状の花を横向きに開く。名は、全体の形がパイプに似ることに由来。おもいぐさ。 秋》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なんばんギセル【南蛮ギセル】

ハマウツボ科の一年草。ススキ・アワ・ミョウガ等の根に寄生する。全体に葉緑素がなく淡黄褐色。茎はごく短く数個の鱗片葉がつく。秋、葉腋から高さ20センチメートル 内外の花柄を出し、パイプに似た筒形で淡紫色の花を横向きに一個開く。萼がくは舟形。オモイグサ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

南蛮ギセルの関連キーワードハマウツボ科オモイグサ葉緑素葉腋

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android