コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茗荷 ミョウガ

2件 の用語解説(茗荷の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みょう‐が〔めう‐〕【×茗荷】

《「めが(芽香)」の音変化という。「茗荷」は当て字
ショウガ科の多年草。地下茎が横に伸び、地上茎は高さ50センチ~1メートル。葉は長楕円形で、互生。夏から秋にかけ、地際に苞(ほう)が2列に重なって卵状の花穂をつけ、苞の間から淡黄色の3弁花を出す。全体に特有の香りがあり、茗荷の子とよぶ花穂や若芽を食用にし、栽培される。熱帯アジアの原産。めが。 子=夏 花=秋》「日は宙にしづかなるもの―の子/林火
紋所の名。ミョウガの芽や花を図案化したもの。
おろかな人。1をたくさん食べると物忘れするという俗説からいう。
「大門を這入(はひ)る―に出る生姜」〈柳多留・一二二〉

め‐が【×茗荷/×蘘荷】

ミョウガの古名。〈和名抄

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

茗荷の関連キーワードいとど肩くまくわこっちゃ何たらめかこう意固地なじに面廊茗荷屋

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

茗荷の関連情報