コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茗荷 ミョウガ

デジタル大辞泉の解説

みょう‐が〔めう‐〕【×茗荷】

《「めが(芽香)」の音変化という。「」は当て字》
ショウガ科の多年草。地下茎が横に伸び、地上茎は高さ50センチ~1メートル。葉は長楕円形で、互生。夏から秋にかけ、地際に苞(ほう)が2列に重なって卵状の花穂をつけ、苞の間から淡黄色の3弁花を出す。全体に特有の香りがあり、茗荷の子とよぶ花穂や若芽を食用にし、栽培される。熱帯アジアの原産。めが。 子=夏 花=秋》「日は宙にしづかなるもの―の子/林火
紋所の名。ミョウガの芽や花を図案化したもの。
おろかな人。1をたくさん食べると物忘れするという俗説からいう。
「大門を這入(はひ)る―に出る生姜」〈柳多留・一二二〉

め‐が【×茗荷/×蘘荷】

ミョウガの古名。〈和名抄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

茗荷 (ミョウガ)

学名:Zingiber mioga
植物。ショウガ科の多年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

茗荷の関連キーワード神奈川県足柄下郡箱根町畑宿キリシタン屋敷茗荷・蘘荷奥州(2)茗荷谷の猫京みょうが切支丹屋敷公界をする中尾平七曲亭馬琴切支丹坂真山青果畔上楳仙抱き茗荷木内昇文京区いとど香辛料茗荷屋抱茗荷

茗荷の関連情報