コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウス

デジタル大辞泉の解説

うす【薄】

[語素]
名詞・形容詞・動詞などの上に付く。
㋐厚みが少ない意を表す。「板」「氷」
㋑色が濃くない意を表す。「紫」「緑」
㋒濃度や密度が少ない意を表す。「味」「化粧」「霧」
㋓程度が少ない意を表す。「暗い」「明かり」
㋔なんとなく、どことなく、ちょっとの意を表す。「気味悪い」「よごれる」「ぼんやり」
名詞の下に付いて形容動詞をつくり、少ない、小さい、ほとんどない、の意を表す。「品」「望み」「気乗り

すすき【薄/×芒】

イネ科の多年草。山野に群生し、高さ約1.5メートル。秋、茎の頂に十数本の枝を出し、黄褐色から紫褐色の大きい花穂をつける。これを俗に尾花といい、秋の七草の一。葉・茎を屋根をふくのに用いた。かや。 秋》「山は暮て野はたそがれの―かな/蕪村
紋所の名。1の穂と葉を図案化したもの。

はく【薄】[漢字項目]

常用漢字] [音]ハク(漢) [訓]うすい うすめる うすまる うすらぐ うすれる すすき
〈ハク〉
厚みが少ない。「薄氷薄片希薄厚薄
数量などが少ない。乏しい。「薄給薄幸薄謝薄弱薄利
真心に欠ける。心がこもっていない。「薄情薄志弱行軽薄酷薄浮薄
迫る。近づく。「薄暮肉薄
〈うす〉「薄味薄着品薄手薄
[名のり]いたる

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うす【薄】

〔形容詞「薄うすし」の語幹から〕
名詞・形容詞・動詞などの上に付く。
厚みが少ない意を表す。 「 -紙」 「 -氷」
濃度や密度が少ない意を表す。 「 -紫」 「 -味」
程度が少ない意を表す。 「 -曇り」 「 -明かり」
はっきりしない、なんとなくの意を表す。 「 -気味悪い」 「 -ぼんやり」
名詞の下に付いて形容動詞をつくり、度合が少ない意を表す。あまり…がない。 「品-」 「期待-」 「望み-」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

薄の関連情報