コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂糖黍 サトウキビ

2件 の用語解説(砂糖黍の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さとう‐きび〔サタウ‐〕【砂糖×黍】

イネ科の多年草。高さ2~4メートル。茎は中空ではなく、節がある。茎の汁を絞って砂糖(甘蔗糖(かんしょとう))を作る。ニューギニアとその周辺の原産で、日本では主に沖縄・九州で栽培される。甘蔗。砂糖竹。 秋》「杖にして主婦が買ひ来し―/誓子

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さとうきび【砂糖黍】

イネ科の多年草。東南アジアまたはインド原産といわれ、製糖作物として熱帯を中心に世界各地で栽培される。茎は高さ2~3メートル、円柱形で竹に似るが中空ではない。葉は広い線形。茎の汁液にショ糖を含み、砂糖の原料とする。甘蔗。砂糖竹。 [季] 秋。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

砂糖黍の関連キーワード草葦蓑米油薄犬粟小糠草葮竹沼茅野刈安早生尾花

砂糖黍の関連情報