コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂糖黍 サトウキビ

デジタル大辞泉の解説

さとう‐きび〔サタウ‐〕【砂糖×黍】

イネ科の多年草。高さ2~4メートル。中空ではなく、節がある。茎の汁を絞って砂糖(甘蔗糖(かんしょとう))を作る。ニューギニアとその周辺の原産で、日本では主に沖縄・九州で栽培される。甘蔗。砂糖竹 秋》「杖にして主婦が買ひ来し―/誓子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さとうきび【砂糖黍】

イネ科の多年草。東南アジアまたはインド原産といわれ、製糖作物として熱帯を中心に世界各地で栽培される。茎は高さ2~3メートル、円柱形で竹に似るが中空ではない。葉は広い線形。茎の汁液にショ糖を含み、砂糖の原料とする。甘蔗。砂糖竹。 [季] 秋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

砂糖黍 (サトウキビ)

学名:Saccharum officinarum
植物。イネ科の多年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

砂糖黍の関連キーワード東南アジア波照間島秋月種殷ショ糖茱萸原料汁液熱帯

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

砂糖黍の関連情報