コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南蛮漬(け) ナンバンヅケ

デジタル大辞泉の解説

なんばん‐づけ【南蛮漬(け)】

から揚げした魚や肉をネギ唐辛子などを加えた三杯酢に漬けたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

南蛮漬【なんばんづけ】

魚肉に片栗粉をまぶして揚げたものを,トウガラシにネギやタマネギを加えた合わせ酢に漬けたもの。アジワカサギ等小魚をおもに使い惣菜(そうざい)料理にされる。油でいためたり,ネギやトウガラシを用いた料理は〈南蛮〉とつけられることが多く,これもその一つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の南蛮漬(け)の言及

【アチャラ漬】より

…前者では,酢に塩を加えて煮返したものにナス,ショウガ,ミョウガ,れんこん,ゴボウ,イワシ,貝類などをつけるとあり,後者では酢,塩に酒を加えて2度沸騰させて冷ましたものに魚のつくり身をつけるとしてある。より古く1689年(元禄2)刊の《合類日用料理指南抄》には南蛮漬の名で書かれており,はじめは南蛮漬と呼ばれ,のちにアチャラ漬というようになったかと思われる。ちなみに,フィリピンやインドネシアでは漬物をアチャラと呼んでいるが,これはペルシア語で漬物をさすアーチャールを語源としており,日本のアチャラも同源と考えられる。…

※「南蛮漬(け)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

南蛮漬(け)の関連キーワード揚げ浸し・揚浸しベラ(海水魚)ホンモロコキュウセンチキン南蛮アチャラ漬から揚げ南蛮漬け揚げ浸しモロコ御座いハゼ

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android