コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南蛮漬(け) ナンバンヅケ

2件 の用語解説(南蛮漬(け)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なんばん‐づけ【南蛮漬(け)】

から揚げした魚や肉をネギ・唐辛子などを加えた三杯酢に漬けたもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

南蛮漬【なんばんづけ】

魚肉に片栗粉をまぶして揚げたものを,トウガラシにネギやタマネギを加えた合わせ酢に漬けたもの。アジ,ワカサギ等小魚をおもに使い惣菜(そうざい)料理にされる。油でいためたり,ネギやトウガラシを用いた料理は〈南蛮〉とつけられることが多く,これもその一つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の南蛮漬(け)の言及

【アチャラ漬】より

…前者では,酢に塩を加えて煮返したものにナス,ショウガ,ミョウガ,れんこん,ゴボウ,イワシ,貝類などをつけるとあり,後者では酢,塩に酒を加えて2度沸騰させて冷ましたものに魚のつくり身をつけるとしてある。より古く1689年(元禄2)刊の《合類日用料理指南抄》には南蛮漬の名で書かれており,はじめは南蛮漬と呼ばれ,のちにアチャラ漬というようになったかと思われる。ちなみに,フィリピンやインドネシアでは漬物をアチャラと呼んでいるが,これはペルシア語で漬物をさすアーチャールを語源としており,日本のアチャラも同源と考えられる。…

※「南蛮漬(け)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

南蛮漬(け)の関連キーワード酢豚フライドチキン揚出し豆腐アットロー竜田揚ヒレカツ麦形開口笑キアッキエレ胡麻団子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone