コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南蛮鐔 なんばんつば

大辞林 第三版の解説

なんばんつば【南蛮鐔】

江戸初期頃平戸の工人が始め、長崎でも造られた鉄鐔。ほとんどが丸鐔で、唐草・竜などの緻密ちみつな透かし彫りと、金・銀の布目象眼がほどこされている。初期のものはヨーロッパ風の意匠であるが、のちには中国風の物が多くなった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

南蛮鐔の関連キーワード布目象眼