コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南蛮鉄 なんばんてつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南蛮鉄
なんばんてつ

桃山時代から江戸時代初期にかけて輸入された原料鉄。形状は種々であるがひょうたん形のものが多いのでひょうたん鉄とも呼ばれた。材質は和鋼に比し炭素量がやや高く,またリン,硫黄の不純物も多く,決して良質ではないが,舶来品ということで珍重されたらしい。原産地は中近東方面と推察されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

なんばん‐てつ【南蛮鉄】

室町末期から江戸初期に輸入された精錬鉄。刀や甲冑(かっちゅう)の材料として用いられた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なんばんてつ【南蛮鉄】

室町末期から外国よりもたらされた鋼鉄。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

南蛮鉄の関連キーワード近江源氏先陣館義経腰越状大坂軍記物宮崎 滔天伊達政宗越前康継桃山時代佐藤信治外国灯籠亭亭鋼鉄

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

南蛮鉄の関連情報